スポンサーリンク

女警備員は見た!【裏話】

シェアする

 

※実話を元にしていますが、プライバシー保護の為、この文章はフィクションを多分に含みます(各種名称、特徴等)。よって事実と完全に一致しません。

巡回中、おもににバックヤード(従業員など関係者しか入れないエリア)での体験談です。

死んだように眠ってる

以前勤めていたB商業施設。

そこは地下に宅配業者さん用の搬入口がありました。

宅配業者さんの役目は、B商業施設内の各種お店に、商品を運んだり、売れ残った商品を回収(集荷)したりします。

荷台の荷物はいつも天高く。

大の大人の男性の身長を超えるほど高く高く積まれていて。

その状態で走り回っている姿をいつも、巡回中など見かけるたび、

大変だなぁ…

そんな彼らが、荷物を運ぶ台車の上で、寝てました。

大の字で、いびきかいて、爆睡。

(´;ω;`)ウッ

ネット通販普及で、今宅配業者さん、大忙しなんですよね。

私もなるべく、再配達にならないように協力しようって思いましたよ。ええ。


ほんとにあったオフィスラブ

スポンサーリンク

以前勤めていたC施設は企業向けオフィスビル。

巡回も一段落し、防災センターへ戻ろうとバックヤードに続くドアを開けた時です。

…抱き合った男女と遭遇。

・・・・・


・・・・・


私もそのカップルも一瞬固まりましたよね。

スーツを着た中年男性とオフィスルックな可愛い系OL。

えぇ。見て見ぬふりして立ち去りましたよ。

視線が痛かったです。

こっち見ないでってば

どんな関係かはわかりませんが、明るいうちから

「よくやるよ!」(゚Д゚;)

コンビニ飯と2.5次元

以前勤めていたA商業施設は、比較的大きなイベントスペースがありました。

 

新作舞台のプロモーションで、アニメキャラに扮した美男美女が、役のセリフでアプローチ。

(ここ数年、アニメが原作の舞台多いみたいですね!それとも昔からなのかな?)

 

それはいいとして。

 

役者さんには役者さん用の控室を、一般の方が入れない、関係者以外立ち入り禁止スペースに設けてあるんですよ。

 

なんでわざわざ、従業員用のバックヤードでぼっち飯してる俳優さんがいるのか。しかもコンビニ飯。さらに、役の格好のまま。

アニメキャラのコスプレしたイケメンが、遠い目をしてぼっち飯してる…


不審者を見たら、いくら女性警備員でも対応しないといけません。

あのぉ…迷子…ですか?


あ、いえ。役作りです。


え?孤独のグ○メですか?


まぁ…そんな感じです


・・・・・?


いやいやいやいや。

いや、ダメでしょ。イベント関係者は施設が用意したスペースいいてもらわないと!

ファンの人とか、気づいたらパニックでしょ!


あ、大丈夫です。僕、売れてないんで。新人だし


いや、そうじゃないでしょ。


キャラクターのファンに気づかれたらパニックでしょ!


( ゚д゚ )ハッ

「ハッ」じゃないよ!


「どこいったんだよ、プロ根性!」(゚Д゚;(゚Д゚;)

その後、無線を使い防災センター経由で、ただのコスプレイヤーではなく、本物の俳優であることを確認(念のため)。

バックヤードを経由して楽屋へとお連れしました。

 

もう数年前の出来事で、名前も正確には覚えてないんですが、彼が一人前のプロ根性を身につけられたのか。役者として成長できたのか、今でも、イベント警備の時とかたまに思い出します。

 

スポンサーリンク