スポンサーリンク

ほんとにいた!万引きGメン!【裏話】

シェアする

※実話を元にしていますが、プライバシー保護の為、この文章はフィクションを多分に含みます(各種名称、特徴等)。よって事実と完全に一致しません。

皆様、「万引きGメン」ってご存知ですか?

そうです。

昔よくTVでドキュメンタリーとかドラマとかでやっていたアレです。

私服で買い物客を装いつつ、物陰から不審人物を割り出す。

完全に周囲の空気と一体化し、まさかこの人が、公安とつながりのある(警備員は実はみんなそう。)とは思えない。

特殊任務のまさにそれ。

それが万引きGメンこと、私服警備員。

スポンサーリンク

あのぉ…


はい、どうなさいました?

(道に迷ったのかな…?)



こないだのお礼を言いたくて…


え?なにか…


万引き犯の確保にご協力くださってありがとうございました…

 

あれ?刑事さんですか?

(時々、まさか警察とは思えないような雰囲気の刑事さんがいる)

→私が出会った【印象的な】刑事part1 はこちら

あ…私、警備員です…私服のほうの…
スポンサーリンク

(゚Д゚)ハッ

マジでいたんだ!私服の人!

たまにスーパーとかドラッグストアで「私服警備員が巡回しています」とかさりげないアナウンスが流れていますが、長年警備業界にいて、その時まで出会ったことがなかったのです。

都市伝説だと思ってた!

その方は、

・やや小太り(失礼)

・茶髪(特に施設警備は明るすぎる頭髪はNG)

・パーカー、ジーパン

・ややギャルっぽいメイク

といった、本当に、どこにでもいる「普通の人」。

それなのに、なぜでしょう。

気配を感じない…だと?

うまく表現できないんですが、背後に立たれても気づかない空気感というか。

「え?いつからそこに?」って驚きとともに思わず言っちゃう感じ。

まさに特殊工作員。NINJA!KUNOICHI!

ちょっとだけ世間話したんですが、その方は、配属された場所の雰囲気によって服装やメイクを変えるんだそうです。

普段は劇団員さんで、生活費の足しにしているといってました。

今もどこかの店舗で、万引きGメンの役を演じているのかも…

スポンサーリンク