スポンサーリンク

【裏話】女性警備員の着替えとトイレ事情。【バイト】

シェアする

警備員の仕事に興味あるんだけど

女性警備員の皆さんは、着替えやトイレはどこでしてるの?




はい。現役女性警備員のわたしがお答えします!


着替えは意外な○○でする!

まず施設隊員(一号)ですが、だいたい専用の更衣室があります。

で、問題は交通誘導(二号)ですよね。

現場はだいたい青空の下だし、どうやって着替えしてるんだろう・・・?

答え:現場による

コンビニや公園のトイレをお借りしたりします。

ただ、それが嫌な人もいるので、家から着ていく人もいます。(ズボンだけ制服、上だけTシャツとか)

女性警備員はどこでトイレするの?

施設(一号)は、お客様と同じトイレを利用させてもらうことが多いです。

(見回りや、汚れなど掃除の必要性を確認の意味も込めて)

その時、制服の上からパーカーなど上着をきて、制服を隠す場合が多いのですが、それでもなぜか関係者感が出てしまうのか、落とし物渡されたり、道聞かれたりします(笑)。

交通誘導や、工事現場の人はどうするの?


答え:コンビニや公園のトイレをお借りします。

現場によっては「持ち運びトイレ」というのが設置されていますが、

いわゆる「仮設トイレ」ですね。

男性と共用はちょっと抵抗感あるなぁ~ということで、コンビニとか公園のトイレを女性は借りてる場合が多かったですね。

ちなみに、私は気にしないで仮設トイレ借りてました(笑)。

だって、すぐそばに設置されてて近いから(笑)。

まとめ

トイレや着替え事情だけだと圧倒的に、施設隊員のほうが環境がいいと思われがちですね。

でも交通誘導(二号)の利点は

・シフトで働けて、自由度が高い(施設(一号)はフルタイムがほとんど。)

・出勤すればするほど稼げる。

・もちろん扶養範囲内のパートもOK(会社による。確認してみてください。)

・工事現場のおじさん、お兄さんは優しい(笑)。女性は目立つのでだいたい優しくしてくれます(笑)。よく、ドリンクおごってくれます。

【現役女性警備員がお答えする、警備員になるメリット】

スポンサーリンク