スポンサーリンク

定期的に見る悪夢【ホラー】

シェアする

勝手に夏のホラー祭り開催してます👻👻

私はうつ病で通院しているんですが、もしかしたら、そんな精神疾患が関係して、変なものみたり、感じたりしてるのかもしれません💧

うつ病という診断なので、幻覚なんて症状はないはずなんですがね(苦笑)💧

やっぱり好きこそなんとやら。

怖い話が好きだから、なんとなくそういう体験談が集まってしまうのかも・・・

そんな私が、定期的に見る悪夢を文章化してみました。

見知らぬ病院で追いかけられる。

気が付くと私は、知らない廊下にうずくまっていた。

暗いがなぜか、はっきりと病院だとわかる。

かすかに消毒液と病院食が混ざった、あの入院病棟の香りがする。

夢の中の私は、なぜか、そこに自分がいることに違和感を感じない。

 

「おいで」

ふいに声がした。

すごく優しい、女性の声。

まるで我が子に優しく語り掛けるように。

 

でも、なぜか私は怖かった。

急に強い不安が襲ってきて、絶対、その声の主に気づかれちゃいけないと思った。

私が、その声が聞こえていることを。

 

「こっちにおいで」

再度声がする。変わらず、優しい声。

 

でも、私は怖かった。

声を無視して、逆方向に歩き出す。

 

「こっちへおいで」

少し、声の調子が変化した。

優し気で穏やかな声は、ややいらだちを感じる、低い声に変わる。

 

「こっちへ来なさい」

やや低くなった声、強まった語気。

気づいている。私に、彼女の声が聞こえているってことを。

私の恐怖は徐々に強くなる。少し速足で、声と逆方向へ、その場を離れようする。

 

「こっちへ来なさいってば」

声はどんどん低くなる。怒った女性の声ではない。まるで、機械で無理やり低くしたみたいな、人工的で不自然な声へと変わる。

 

「こっちへ来いって言っているだろ」

私は、走る。不自然に長い廊下を。振り向いちゃいけない。

あいつが見えてしまうから。

 

「そっちへいくんじゃなぁあああああああああああい!!!」

絶叫と呼ぶにふさわしかった。

強い力で腕を掴まれる。

倒されそうになって、思わず、「そっち」を見た。

 

 

いつも、ここで目が覚める。

 

自分がまだ追われているような、恐怖と、不安と、いつもより早い心拍数。

現実と夢のはざま。

確かに私は、この部屋で眠っていたはずなのに、感覚が、ものすごくリアルで、まるで目覚めた今が、仮想世界へ飛ばされたかのよう。

 

「なにかに追われる夢」は「現在の自分への不満」、「焦り」、「変身願望」の表れだとネットで読んだけど、本当でしょうか?

 

誰か、私のような夢を見る方はいますか?

→【趣味のホラー】一覧へ

スポンサーリンク